シェフ紹介

chef

 ラトリエのオーナーシェフは、フランス料理の料理人。彼の料理人としてのスタートは、「フランス料理」=「非日常な高級料理」というイメージの中の都内有名高級フレンチ専門店から。ここでの経験が彼の料理に対する姿勢の土台となり、良い素材を選び、時間をかけて丁寧に出汁をとり、ソースやヴィネグレットも一から自分でつくる仕事は、働く場所が変わっても、変わらない。その後イタリアンも学び、公邸料理人としてアメリカやフランスで外交儀礼時の料理の経験を積みつつ、現地の食文化を体験。 優雅にセットされた卓上で非日常な楽しさを感じられる星付きレストランから、街場 のビストロや地方ごとにある美味しい地方料理、気軽なワインやチーズまで、一言で「フランス料理」と語るには難しいフランス料理の多様さ、奥深さ、面白さを実感したという。

「食べるということは、生きていく上で欠かすことのできない日常の行為であるけれど、日本でフランス料理を食べようという選択肢は、空腹を満たすためだけの食事ではなく、何かハッピーでポジティブな環境や意思が背景にあるからこその特別なこと」とシェフ。そんな食のシーンにラトリエが選ばれることを光栄に感じ、 フランス料理に対するお客様の期待を裏切らないよう、彼の料理人キャリアをスタートさせた「非日常な高級レストラン」同様の仕込みに手を抜かない。「高級店の仕事を手頃な価格で」をモットーに、「五感全てで食を楽しんでもらいたい」と、 自家焙煎珈琲やジェラート製造、音楽コンサートやマルシェ、珈琲講座や料理教室等、食の楽しみの幅を広げ、各種イベントも開催。フランス料理に魅せられたシェフであるからこそ、フランス料理のファンを増やすべく、まずはお店に来てもらおうと安曇野一 敷居の低い店を目指す。

在仏時代の仕事ぶりが評価され『優秀公邸料理長』として外務大臣表彰を受賞。ビアテイスターやフードコーディネーターの資格ももつ。